カラーリングで若々しくイメチェンしてみる

カラーリングで髪色をチェンジ

ヘアカラーというのが脱色した上で色を入れるのとは反対に、ヘアマニキュアは髪の毛の色素を取りません。

爪に行うマニキュアと同じように、自分の髪の上から染料をつけ好きな髪色を手に入れる手法です。
ヘアマニキュアの良い点は髪があまり傷まないことで、ブリーチやヘアカラーと比較すると髪の組織が破壊されてしまう恐れは低いです。

カラーリングで髪色をチェンジしたいけれども、髪はきれいなままでいたいというなら、ヘアマニキュアでカラーリングをするといいでしょう。

ただ、ヘアマニキュアは髪自体の地色がしっかりと出るので、ヘアマニキュアでは黒髪をブロンドに染めるのは無理といえます。

とはいうものの、自分の髪が元から明るいというケースなら、ヘアマニキュアでもはっきりとした色を楽しむことができるでしょう。

髪の周囲を染料でくるんでいるだけなので、毎回シャンプーの時に少しずつ色が落ちていきます。各々差はありますが大抵1か月で元の髪色に戻ってしまうことも多いので、ヘアマニキュアによるカラーリングを行う時は、ちょくちょく染め直さないとなりません。

自分に合う髪色が分からず、いろんな色で確かめてみたいなら、髪があまり傷まないヘアマニキュアがお勧めです。

その上、肌に対する刺激も小さいので、ヘアカラーをした時は頭皮が炎症してしまい合わなかったという場合でも、カラーリング方法としてヘアマニキュアを選べばスムーズに完了できるという例もよくあります。

ヘアカラー、ブリーチ、ヘアマニキュアと各々に良いところがあるので、よく比べてから選択するようにしましょう。

1日だけカラーリングできる商品も

カラーリングが可能な市販品には、一時染毛剤という名称のものがあります。これというのは、ほんの1日だけカラーリングをすることが可能なので、落とすときはシャンプーをするだけでOKです。

カラーリングが認められていない学生などが休みの日だけ利用したり、服装に応じた髪色にするのに利用することがあります。

ほとんどがスプレータイプの製品となるのでとても手軽で、一度も使ったことがなくても鏡を利用すれば偏らないで染められるはずです。

加えて、ヘナとして知られるインドが原産の低木植物が使われている製品も人気です。自然の染料となるので、頭皮が受ける傷みがとても小さいのが特色でしょう。

ヘアカラーあるいはブリーチといった種類より、ヘアマニキュアは害がさほど出ないと見られていますが、それでもなお皮膚が刺激を受けやすい人であると、痛みや痒みを感じることがあります。

他方、へナは天然の植物からできている製品なので、肌が弱い人でも使える場合が多いです。
それから、ヘナというのは髪をトリートメントする効能もあるので、色をチェンジするのみならず髪を健康にすることも実現できてしまいます。

明確な色の違いはさほどないでしょうが、入浴の際に染められる製品がほとんどなので、簡単に染色したい人には適しているはずです。

色の継続は難しく、約2週間ほどで元の色に戻ってしまいます。

傷みの激しい頭髪に使用しても大丈夫なので、盛んにカラーリングをした結果、髪が傷んでいるようであればヘナでカラーリングをしてみると良いかもいしれません。